ホーム / キャンペーンページ-a

今月のキャンペーン対象商品一覧

キャンペーン対象商品 15%OFF!
↓↓↓クーポンコード↓↓↓
8M8315JYFX9N

※ メールよりアクセスした方⇒自動でクーポン適用となります。

※ メール以外からアクセスした方⇒お支払い画面にてクーポンコード入力後、必ず適用ボタンを押下してください。

キャンペーン終了まで

天然ミネラル鉱石 1kg
天然ミネラル鉱石 1kg

天然ミネラル鉱石 1kg

¥1,430

¥1,216

天然ミネラル鉱石 20kg

¥20,900

¥17,765

土壌病害の被害は深刻である。
土壌消毒をしない生産者の方が少なくなってきた。
しかし 土壌消毒は土の力を目に見えて衰退させる。
作物を育てる力を失ってしまうのである。
土壌消毒をせずに地力を回復させる方法はないのだろうか。
この問題を解決するために
「天然ミネラル鉱石」は開発されたのである。
もっとも効率の良い使用方法は「乳酸菌もみがらぼかし」
混ぜて使用することである。好気性の微生物の働きが強くなる。カビに対する抑止力も出てくる。土壌病害対策になるのである。それから定植する植穴にひとつまみずつ入れていく。
これもカビ防止対策になる。
稲田を畑地にする時は土壌改良として10a600㎏を投入する。天然ミネラル鉱石は石である。消えてなくなることはない。 長い間、効力が持続するのである。コストパフォーマンスは見合うのである。土の力がなければ作物が良く育つことはない。
これは栽培の基本なのである。

玄米アミノ酸液肥スーパーカルシウム 1L
玄米アミノ酸液肥スーパーカルシウム 1L
玄米アミノ酸液肥スーパーカルシウム 1L
玄米アミノ酸液肥スーパーカルシウム 1L
玄米アミノ酸液肥スーパーカルシウム 1L
玄米アミノ酸液肥スーパーカルシウム 1L

玄米アミノ酸液肥スーパーカルシウム 1L

¥5,500

¥4,675

農業をしていて一番悲しいことは何だろうか。栽培している作物が元気をなくすことではないだろうか。悔しさとともに悲しくなってしまう。作物が元気であれば収入にもなるし、何よりも気分が晴れやかになる。作物の元気度は高収量、高収益にも直結してくる。作物は生長していく過程の中で、この時というタイミングがある。もっとも生長度が高い時である。

一番分かりやすいのは、追肥のタイミングだ。追肥というのは作物がもっとも生長していく重要なタイミングなのである。生長するその時に必要とされる成分は「カルシウム」である。カルシウムには植物の生長を促進させる作用と骨格への作用がある。体幹が充実すれば病害にも強くなる。ただし、普通の石灰カルシウムにはこの作用を期待できない。吸収に時間がかかり、吸収力も弱いからである。

植物が吸収できる栄養分は水分子の中に溶け込んでいる状態の成分である。その状態ならば即効性が期待できる。この時というタイミングで生長を促すことができる。このことを現実にできる新資材が開発された。「玄米アミノ酸液肥スーパーカルシウム」である。含まれているカルシウムとチッソ成分の90%近くが玄米アミノ酸酵素液の中に溶け込んでいる。

これを生長するタイミングに合わせて使えば作物は元気になり高収量、高収益を毎年実現できることになる。自分のイメージ通りに作物が出来たら農業はとても楽しい仕事になるのではないだろうか。

詳細を見る

※学習資料は15%OFFの対象にはなりません。

高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)
高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)
高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)
高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)
高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)
高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)

高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)

¥3,240

慣行農法の歴史は語る!日本農業はなぜ衰退して若者が少ないのか!

「慣行農法」とは、どんな栽培方法なのか。それを深く考える人は少ない。慣行農法は農業生産者が800万人もいた時代に作られたものである。化学肥料を中心にして農薬で病害に対処する方法である。生産者一律の方法である。
 その栽培方法のどこに問題があるのだろうか。そもそも、農業生産とは何を目的に実行していくものなのだろうか。そして結果はどのようになるのだろうか。
 農業生産者は高齢化して、事業を継承する若者は少ない。もし慣行農法が正しいやり方であったなら、このような結果にはなっていない。事業を継承できるほどの利益は出ていないのが現実なのである。そして耕作放棄地の売却、離農ということが全国的に発生している。農地の価格も大幅に下落している。農業の衰退は誰の目にも明らかである。
 では慣行農法の何が問題であったのか。そこの分析ができていないと同じ失敗を繰り返すことになってしまう。同じ轍を踏まないためにも掘り下げた分析が必要になってくるのである。そのためにこの資料を作成したのである。誰が作っても同じでは付加価値など付くわけもないのである。収穫した作物が評価されることもない。
 あなた様ご自身はどのような栽培方法でどのような結果が欲しいのか、この資料を読んで深く考えれば答えは出てくるのではないだろうか。その時に展望が開けてくることを強く希望するのである。

詳細を見る

※学習資料は15%OFFの対象にはなりません。

光合成で葉づくりすれば農業のやり方は劇的に変化する(A4/22ページ)
光合成で葉づくりすれば農業のやり方は劇的に変化する(A4/22ページ)
光合成で葉づくりすれば農業のやり方は劇的に変化する(A4/22ページ)
光合成で葉づくりすれば農業のやり方は劇的に変化する(A4/22ページ)
光合成で葉づくりすれば農業のやり方は劇的に変化する(A4/22ページ)
光合成で葉づくりすれば農業のやり方は劇的に変化する(A4/22ページ)

光合成で葉づくりすれば農業のやり方は劇的に変化する(A4/22ページ)

¥3,240

葉の「光合成」が旨味・糖度・色・形を決定する!
土と根と葉の関係が理解できれば農業のすべてが分かる!

 作物は光合成で育つ!これは中学校の理科の教科書で明説しています。しかし、多くの生産者は光合成で作物を育てていません。どうやって育てているのかと言えば根に肥料を与えて育てているのです。
 根に肥料を多く与えるほどに根毛の発育は悪くなります。そして根から栄養を吸収するほどに葉は根から吸収した亜硝酸態でいっぱいになり光合成ができなくなります。
 作物は光合成で育てるどころか光合成をしにくくしてしまっているのです。これで旨くて形の良い作物を作ろうとしても、基本が間違っていては結果が出るはずもありません。しかし残念ながら「光合成」の仕組みを詳しく書いている農業資料というのはほとんどありません。光合成の資材もほとんどないのです。
 光合成はもちろん「葉」で行うものです。光合成をするために葉はもっとも大切な要素です。ところがりんごなどは色を付けるために葉欠きをしてしまいます。りんごに限らず葉欠きを慣例としている作物は数多くあります。色を付けるのも、糖度を出すのも「葉」なのです。葉数や葉の大きさ・形で光合成は決定するのです。光合成が決定するということは品質を決定するということです。
 作物を栽培する基本技術として「光合成」の知識がなくては良い作物は作れないのです。「土と根と葉の関係が理解できれば農業のすべてが分かる!」というテーマで資料を作りました。これを読めば消毒ということが、作物に対して強いストレスを与えることも理解できるようになります。光合成を中心に考えると農業のやり方が大きく変わってくるのです。収量も品質もまったく違ってきます。光合成は消毒よりもはるかに低コストで済みます。生長度もまったく違ってきます。まずはこの資料を一読されることをおすすめします。野菜や果物ってこんなに旨かったの…と驚かれることでしょう。

詳細を見る

キャンペーン対象商品 15%OFF!
クーポンコード : 8M8315JYFX9N

※ メールよりアクセスした方⇒自動でクーポン適用となります。

※ メール以外からアクセスした方⇒お支払い画面にてクーポンコード入力後、必ず適用ボタンを押下してください。

売れ筋商品

玄米アミノ酸酵素液 1L
玄米アミノ酸酵素液 1L

玄米アミノ酸酵素液 1L

¥2,750
乳酸菌もみがらぼかし400kg作成セット
乳酸菌もみがらぼかし400kg作成セット
乳酸菌もみがらぼかし400kg作成セット
乳酸菌もみがらぼかし400kg作成セット
乳酸菌もみがらぼかし400kg作成セット

乳酸菌もみがらぼかし400kg作成セット

¥27,280
玄米アミノ酸ニーム酵素 1L
玄米アミノ酸ニーム酵素 1L

玄米アミノ酸ニーム酵素 1L

¥6,710
みどりの放線菌 2kg
みどりの放線菌 2kg

みどりの放線菌 2kg

¥20,020