ホーム / コレクション一覧 / 有料資料 / 高収益農業が実現できる土壌管理と改善技術(A4/45ページ)

高収益農業が実現できる土壌管理と改善技術(A4/45ページ)

¥3,240
| /

高収益農業が実現できる土壌管理と改善技術(A4/45ページ)

¥3,240
| /
概要

農業は「土」を使って作物を育てる仕事である。作物が育つ「土」を作るのは簡単ではない。まず、土の性質を知らなくてはならない。次に作物が良く育つ土に作り替えなくてはならない。そのためには長所と短所をよく理解しなくてはならない。長所と短所を知った上で、最善の土壌改良方法を考えなくてはならない。それも短期間で結果を出さないと、収量と採算が取れないことになる。それだけではない。改良できた土壌をさらに持続的に土壌力が向上していくようにしないと、継続的な農業経営は困難になる。

農業生産者の中で土壌性質に詳しい方はとても少ない。土壌の性質を考えて栽培している方は少ないと言った方が分かりやすいかもしれない。普通の生産者がやっている農業は、どこでも同じようにロータリーで耕し、化成肥料を投入し、マルチをして栽培するからである。最初から土の性質は無視している。これでは思うような収量と品質は確保できないのである。土壌の性質や地形、雨の通る道などによって、栽培できる作物は違ってくる。管理の方法も違ってくる。

何よりも大切なことは、土壌の性質を知ること、そして改善方法の技術をマスターすることである。ここが確立すれば栽培は難しくないのである。難しい問題は発生しないと言っても良いかもしれない。そのための資料を作成したのである。これを通読してもらえば土壌の管理と改善技術はマスターできる。農業の基本中の基本である。