ホーム / コレクション一覧 / 有料資料 / 高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)

高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)

¥3,240
| /

高コスト低収益 慣行農法の歴史(A4/34ページ)

¥3,240
| /
概要

慣行農法の歴史は語る!日本農業はなぜ衰退して若者が少ないのか!

「慣行農法」とは、どんな栽培方法なのか。それを深く考える人は少ない。慣行農法は農業生産者が800万人もいた時代に作られたものである。化学肥料を中心にして農薬で病害に対処する方法である。生産者一律の方法である。
 その栽培方法のどこに問題があるのだろうか。そもそも、農業生産とは何を目的に実行していくものなのだろうか。そして結果はどのようになるのだろうか。
 農業生産者は高齢化して、事業を継承する若者は少ない。もし慣行農法が正しいやり方であったなら、このような結果にはなっていない。事業を継承できるほどの利益は出ていないのが現実なのである。そして耕作放棄地の売却、離農ということが全国的に発生している。農地の価格も大幅に下落している。農業の衰退は誰の目にも明らかである。
 では慣行農法の何が問題であったのか。そこの分析ができていないと同じ失敗を繰り返すことになってしまう。同じ轍を踏まないためにも掘り下げた分析が必要になってくるのである。そのためにこの資料を作成したのである。誰が作っても同じでは付加価値など付くわけもないのである。収穫した作物が評価されることもない。
 あなた様ご自身はどのような栽培方法でどのような結果が欲しいのか、この資料を読んで深く考えれば答えは出てくるのではないだろうか。その時に展望が開けてくることを強く希望するのである。